ロゴ
HOME>口コミ>不要なリールは買取してもらう【リール買取業者依頼時のポイント】

不要なリールは買取してもらう【リール買取業者依頼時のポイント】

釣具

高額で購入した釣りの道具でも不要になってしまい買取りを依頼することもあるでしょう。釣の道具を売却する上では、ちょっとした工夫によって高額買取になる可能性もあるので、高額買取のコツを知っておくと良いでしょう。

口コミ一覧

複数業者の査定を受けて比較するのも一つの手!

学生の頃から父親の影響で釣りを始めて、もう20年以上になります。最初は父から譲り受けた釣具を使用していました。やがて自分で釣具屋さんに通うようになり、釣具を買う時や中古で売却する時はそのお店にお世話になっていました。ですがその釣具屋さんが移転してしまったので、不要リールの販売方法を考えて、ネットで買取をする事を決めました。父は「自分の時代は、不要になったリールなどは釣具屋さんまで運んでいったもので、便利になったな」と感心していましたね。ネットで査定依頼をするのですが、持ち込むわけではないので一度に3社に見積りを取ってみます。それぞれの業者から査定額のお知らせが入ります。連絡が早くて、メールの文面も丁寧なお店は好感が持てますね。多少の査定額の差であれば対応の良い所に頼みたくなります。そして、3社の見積りを比較して買い取り額の1番高いお店におまかせしました。丁寧でリールに対しての説明がはっきりと記載されていたお店でした。複数の業者に見積りを取ると、価格の比較が出来る事もありますが、その買取店の対応の仕方も見えるのが便利ですね。
[40代/男性]

不要な釣り具をまとめて売ると買取査定額が上がった

祖父がマンションに引っ越す事になり、それまで住んでいた一軒家の不用品整理が始まりました。祖父はアウトドア系の趣味を持っていましたが、年齢的にも釣具やキャンプ用品などを処分するとの事です。自分が処分を任されたのですが、多くの釣具が出てきて驚きました。祖父が言うにはキャンプ用品はもう使い道が無いほど古いが、リールや釣り竿などは売れるかも知れない、との事です。自分はこれまでもネットで買取りを利用していたので、その手順に沿って釣具専門の買取店にお願いしました。発送するだけで買取りできる事は、他の物を利用した時に知っていたのでまとめて送ってしまいます。後日、査定額決定の案内と明細書を送ってもらい確認しましたが、合計額の所に「まとめて買取額アップ」の記載があったのです。ホームページを確認すると「何点以上の場合買い取り額アップ」と書いてありました、単品で少し売るよりもまとめて売った方がお得だったみたいですね。祖父の大事にしていた釣具ですが、必要な人に利用してもらったほうが意義がある事だと感じています。
[20代/男性]